インタビュー

システム開発とはよころびを作ること。ソリューション事業部 ラーニングサービスグループ マネージャ 村山 雅彦

Q 自分のセールスポイントは?

私のセールスポイントは「ソフトウェアが好きなところ」だと思います。

便利なソフトウェアや面白いサービスといったものに対して、異様に心が揺さぶられてしまいます。基本的にソフトウェア開発で使うようなサーバサイドのライブラリやフレームワークといったものが好きなのですが、最近はユーザインタフェースを構築する技術にも興味があります。

Q 開発をする上で最も重要視していることは?

ありきたりかもしれませんが、やはり「プロジェクトメンバー間でのコミュニケーション」を最も重要視しています。

本来、プロジェクトメンバーが増えれば増えるほど、より多くのコミュニケーションをとる必要があるはずです。しかし実際にはメンバーが増えれば増えるほどほど、それこそメンバーの増加に逆行するようにメンバー間のコミュニケーションは希薄になる現場が多いように感じています。これは「効率化」という合言葉によって、本当は意味のあるコミュニケーションさえも削減されてしまった結果ではないでしょうか。

私の今までの経験からすると、プロジェクト内でのコミュニケーションコストを無視し、こうした意味のあるコミュニケーションを取り除いてしまった現場ほど、開発は悲惨な末期を迎えることが多いように感じてます。自分の仕事だけをこなすだけでは良いシステムは作れません。プロジェクトの目的をメンバー全員で共有し、仕様変更にも柔軟に対応できるような組織や体制作りがソフトウェア開発には重要だと思います。

Q 優れたエンジニアの条件とは?

要件定義、設計、プログラミング、テストといったすべての作業をこなせるのが優れたエンジニアの条件だと思います。

要件定義だけ、設計だけ、プログラミングだけの能力しか持たないエンジニアがいると、各工程間に余計なコミュニケーションコストを生みだしてしまいます。また、部分部分の行程しか担当しないエンジニアというのは、仕事への責任意識が希薄な人が多いです。これからの時代のエンジニアは、お客様の要望を見抜く力、そしてその要望を実現する力の両方が必要になると思います。

Q 独自のモチベーションアップ術は?

勉強会へ参加することと、自身のブログでアウトプットすることですね。

両方とも始めたのは最近なのですが、両方とも自身のモチベーションアップにつながっています。社内だけではなく外部の勉強会コミュニティに参加すると、いろいろな人と出会うことができます。技術力の高い人や、運営能力に長けている人、これから新しいことを勉強しようとしている人、様々な人から刺激を受けることができます。

また、ブログもモチベーションアップにとても有効です。漠然と書籍を読んだり、プログラミングを勉強するのと、ブログへのアウトプットを意識して両者を学ぶのとでは、勉強への意識や集中度が違います。

今後も勉強会への参加とブログへのアウトプットは継続していきたいと思っています。

Q 「システム開発」を一言で表現すると?

ずばり、よろこびを作ること、でしょうか。

ソリューション事業部 ラーニングサービスグループ マネージャ 村山 雅彦(むらやま まさひこ)

ソリューション事業部 開発グループ ラーニングサービスグループ 村山 雅彦(むらやま まさひこ)

JavaやRubyアプリケーションの開発、IT教育事業に携わっている。プログラミングをこよなく愛しており、開発現場では、効率を高めるためのより良い開発スタイルを追求している。趣味はiOSアプリケーションを作ること。

保有資格
Oracle Master Gold 10g/ SJC-P / SJC-WC / SJC-BC / UMTP L1 / OCUP Fundamental
IBM DB2 Engineer / LPIC Level1 / XML Master Basic / 基本情報技術者 / ソフトウェア開発技術者 / システムアーキテクト

著書等

  • 前のインタービュー
  • インタビュー一覧
  • 次のインタビュー
  • 大石 宏一
  • 一覧へ
  • 亀野 弘嗣
  • 大西 伯幸
  • 大伴 明弘
  • 村山 雅彦
  • 田中 征司
  • 鈴木健男
  • 前へ
  • 次へ

株式会社クロノス > インタビュー > インタビュー_村山 雅彦