インタビュー

誰かの喜びをつくること。開発部
関東グループ アシスタントマネージャ 鈴木健男

Q 自分のセールスポイントは?

私のセールスポイントは「技術だけじゃない知識」です。

私お客様の要求を理解したり、提案をする際には技術だけではなく、お客様の業務内容や関連する法規、使用しているソフトウェアのライセンスなどの技術に直接関係のない知識も必要となります。

これらを十分に理解したうえでお客様と話すように常に心がけています。

Q 開発をする上で最も重要視していることは?

人を理解することです。

システム開発では、多くの人との関係が必要になります。開発チームのメンバーや上司、お客様担当者やお客さま企業の関係者、また直接にはコミュニケーションがとれないこともあるシステムの利用者など。

多くの開発プロジェクトのスタート時点ではそれぞれが描いているシステムの完成図が少しずつズレていることが往々にしてあります。その人が考えていることや考え方を理解することで、より良いシステムの提案や、円滑なプロジェクト運営ができると考えています。

Q 優れたエンジニアの条件とは?

「ちょうどいい」が作れるエンジニアだと思います。

これまで幾つものシステム開発に携わってきましたが、システムに対して重厚長大な構成であったり、開発期間に見合わないフレームワークが選択されたりすることが多々ありました。

自分もそうですがエンジニアはついつい「新しい技術」や「面白そうな技術」を使いたくなります。しかし、数多ある技術の中から開発しようとするシステムにほんとうに必要な機能や性能、技術を適切に選択することが重要です。それは単に性能だけでなく、開発にかかるコストや負荷も含めて考えることができるのが優れたエンジニアだと思います。

Q 独自のモチベーションアップ術は?

知らないことを見つけるようにしています。

「知らないことを調べて、自分の身につけてく過程に楽しみを感じます。どのような仕事にも、人間関係にも知らないこと、新しい発見はきっとあるといつも信じています。

繰り返し必要な作業でも、どうすれば簡単にできるだろうか、繰り返しを少なくできるだろうかなど考えながら、発見を求めることで、楽しんで、モチベーションを上げて仕事をすすめるように心がけています。

Q 「システム開発」を一言で表現すると?

誰かの喜びをつくること

開発部
関東グループ アシスタントマネージャ 鈴木健男(すずき たけお)

開発部
関東グループ アシスタントマネージャ 鈴木健男(すずき たけお)

保有資格
第2種情報処理技術者 / 情報セキュリティアドミニストレータ

  • 前のインタービュー
  • インタビュー一覧
  • 大石 宏一
  • 一覧へ
  • 大伴 明弘
  • 大西 伯幸
  • 亀野 弘嗣
  • 村山 雅彦
  • 田中 征司
  • 鈴木健男
  • 前へ
  • 黒の背景

株式会社クロノス > インタビュー > インタビュー_鈴木 健男